大阪日日新聞コラム:人とのつながり、コロナ下でも広げ深めるには

大阪日日新聞「澪標ーみおつくし」寄稿 第二回

昨年の11月に始まったコラム、3カ月に一度ということでのんびりしていたら、「締め切りですよ!」と編集部の方に言われて、大慌て。メディアの気持ちが少し分かりました。

2月の今、予想もしなかった毎日ですが、こんな中で人とのつながりを広げ深めるにはどうするか?コラムはこちら。

 

人とのつながり、コロナ禍でも広げ深めるには(掲載許可をいただいています)

 

記事で紹介している、関西広報100研究会の2月の会は、こちらです。スタートアップ広報について、私も少しお話しします。

 

「澪標(みおつくし)」は、各界の人々が、歩まれてきた人生を紹介したり、さまざまな社会問題について見解を示したりと、多彩な内容で展開している大阪日日新聞のコラムです。澪標とは、安全な航路を示す道しるべです。コラムが多くの読者に読まれ、明るく元気な大阪のまちづくりに貢献を目指しています。