B-to-B企業の広報、業界紙に注目!

ミライフの顧客 株式会社KYOSO様(過去投稿参照)が、通販新聞に続き繊研新聞に記事掲載されました!

繊研新聞は、”NO.1ファッションビジネス専門紙”、通販新聞は”国内唯一の通販市場の週刊専門紙”と、どちらも業界で広く読まれている媒体。BtoBビジネスの広報支援の際には、このような業界向け媒体は重要なターゲットメディアとなります。

繊研新聞2020年3月18日号
通販新聞2020年2月13日号

業界に強い媒体と仲良く!

業界新聞・業界誌などは、オフィスで回覧されたり、職務上欠かさずチェックしたりと、多くの見込み客が読んでいる媒体です。さらに、意思決定層である管理職クラスの目に触れる可能性も大。

ただ、業界外では知られていないので、特に異業種向けのB-to-Bプロダクトの広報活動にあたっては、どんな媒体があるかリサーチする必要があります。

また、業界紙の記者の皆さんは、どなたも取材経験豊富でその分野の専門家、深い見識をお持ちなので、取材の際の情報交換も大変勉強になります!

取材記事の拡散も、重要な広報チャンス

今回の掲載にあたり、ブログなどで転載可能か確認したところ、繊研新聞・通販新聞ともに、”媒体名を明記すれば企業HPやブログ、SNSなどでの全文掲載OK”との見解をいただきました。ありがたい方針です。広報担当としては、専門記者が書いた説得力ある記事を、ぜひ多くの方に読んで欲しいし、読んでもらうべきですから。

一般的には、紙媒体やテレビなどは著作権の観点から転載NGが原則(電子版の記事は、リンクを貼ることが可能)ですので、気を付けましょう。