「広報はじめたい!」成功するために最初にやるべきことは?

 これから広報・PRに力を入れたい!そう思った時、まずなにからはじめますか?「ニュースリリースを出す」「ブログを書く」など、「なにをするか?」から考えることが多いのではないでしょうか?

広報・PRもビジネス戦略の一つです。まずは、基本に立ち戻り「目的」を決めること、それが成功のための第一歩です。

広報・PRの目的には、どんなものがあるのか?

広報・PRの効果として思い浮かぶことは色々ありますが、

「今より有名になればうまくいくはず・・・」

といった、ぼんやりとした成功イメージでは、やるべきことは決められません。私がセミナーなどで、いつもお伝えしていることなのですが、「PRには妄想力が必要!」なのです。

  • 憧れの人が自社商品を使うシーン
  • 自社のニュースの、とびきりかっこいい見出し
  • 尊敬する経営者と肩を並べてインタビューを受ける様子

など、どのような成果を得たいかイメージするのは、PRの成功には欠かせませんし、楽しいところです。とはいえ、やみくもに妄想するのではなく、戦略的にイメージを膨らせていくために、

誰に、なにを、どうやって知ってもらいたいのか

戦略の基本”WHO/WHAT/HOW”を具体的にイメージして活動していけるとよいと思います。

広報・PRの目的には色々ありますが、

  • 新規顧客開拓
  • 人材獲得
  • 組織強化

まずは、シンプルに上記3つだけ考えてみましょう。このなかから、自社の優先課題を選んでください。そうすれば、目的に応じて

  • 商品広報
  • 採用広報
  • 社内広報

と呼ばれる広報・PRの実際の活動と紐づけることができます。

ミライフの顧客事例から:関西の注目スタートアップ ミルイオン様の広報

ミライフでは、関西の中小企業やスタートアップに、マーケティング・広報のアウトソーシングサービスを提供しています。

顧客の外部のマーケティング部・広報部として、顧客の社長や経営陣と何度も話し合い、プロジェクトごとに目的をしっかりと確認しています。丁寧なヒアリングとディスカッションを経て、戦略が決まったら最速で実行する、そんなパートナーでありたいと思っています。

最近のミライフ顧客事例から、大阪大学発ベンチャーのミルイオン様の広報成功例をご紹介します。

ミルイオン様は、最先端の研究に基づく高い技術を持つ、研究開発型スタートアップです。2019年の設立以来、BtoBの受託分析事業が順調に拡大しており、今後は、個人向けサービス開始に向け、「顧客開拓」が必要なフェーズです。

ミライフの支援で、ヘルスケア担当の新聞記者からの取材を獲得、新事業や設立の経緯などが詳しく紹介され、新聞掲載後、早速大手数社から問い合わせがあったそうです。

掲載記事

日刊工業新聞 「糖尿病やストレス、毛髪一本で健康状態分析」(2021年7月5日)

日刊工業新聞「輝け!スタートアップ」 注目企業として会社や事業の概要紹介(2021年7月8日)

ミルイオン様 取材風景

関西には有力な大学も多く、高い技術を持つスタートアップが数多くあります。最先端の技術やオンリーワンの実績などのかけがえのない宝・成長力を、マーケティング広報の力で、世の中に発信できるよう、ミライフも全力で支援していきます!

ミルイオン様の事例詳細はコチラ(過去記事へリンク)

「大阪大学発スタートアップの挑戦、早速の新聞掲載」