2018年のPCトラブル、トップは「起動しない」

広報支援をしている日本PCサービスが発表した、2018年のパソコントラブルランキング。
「起動しない」「ネットがつながらない」「設定ができない」「ソフトウェア関連トラブル」「電源が入らない」がトップ5となりました。

プレスリリースはこちら(PDF)

年間16万件の相談が、全国から寄せられる日本PCサービス。インターネットは今や、私たちの生活にとって欠かせないインフラです。情報収集、ネットショッピング、SNS利用など、仕事や勉強、遊びをする際に、パソコンやスマホなしではいられません。一方で、「パソコンがネットにつながらない」というシンプルなトラブルも、多数の機器が複雑に絡み合う状況で、その解決は容易でないことも。パソコンメーカーに電話したら、「インターネットのトラブルでは?」と言われ、プロバイダーにかけたら「ケーブルの問題では?」と、たらいまわしにされる経験をしたことがある人も多いのでは。

独立した立場で、IoT機器のトラブル解決をする日本PCサービス社。その業務は、今後さらに、社会的にも重要性を増していくことでしょう。

トラブルランキングのプレスリリースは、Yahoo!ニュースを始め、多くのメディアでも紹介されました。リリースにもありますが、最近は特に、ウィルス感染のトラブルが大きな問題になっています。「ウィルスに感染した」「メッセージが表示される」等のトラブルは、前年比131%と大きく増え、メディアからもトラブルの動向が注目されています。